赤ちゃんが虫歯になる可能性のある食べ物

赤ちゃんが虫歯になる可能性のある食べ物は何?

 

赤ちゃんの虫歯の原因となるのは虫歯菌であるミュースタンス菌ですが、菌を増殖させるのが食べ物です。

 

菌は歯のエナメル質にしか生息しませんが、歯に詰まった食べカスを餌にして酸を出して歯を溶かします。

 

そこで赤ちゃんが虫歯になりやすい食べ物を知っておく事で予防する事が可能となります。

 

 

赤ちゃんが虫歯にならないために注意すべき食べ物をご紹介します!


糖分を含むお菓子に注意

糖分を含むお菓子は虫歯菌を増殖させる

 

虫歯は口の中のミュータンス菌が酸を発生させることで歯を溶かしていく病気です。

 

糖分を含むお菓子や歯の隙間に残った食べ物の残りかすに含まれる糖分をえさに、グルカンと呼ばれるネバネバする成分を発生させます。

 

グルカンはプラークとなり、プラークは細菌のすみかとなります。歯の隙間はプラークが詰まって行き、やがて固まって歯石になります。

 

歯石の中にはミュースタンス菌だけではなく、他の雑菌も生息するので歯周病以外の口内の病気になる可能性も出てきます。

 

またミュータンス菌は糖分の中でも特に砂糖を好む性質があります。砂糖を含んだお菓子を食べさせた後は歯磨きを行って食べかすを残さないようにしましょう。

 

赤ちゃんに食べさせる際は、甘くて歯にくっつきやすいキャラメル等のお菓子、口の中にかけらが残りやすいスナック系のお菓子、糖分が含まれているジュースは注意しましょう。

 

大人の場合はワインやビールなどの酸性の高い飲み物に注意してください。

 

酸性の酒は口の中のミュータンス菌を増やし、歯の表面を酸化させて溶かしてしまうことになります。

 

他にもスポーツドリンクや栄養ドリンクも酸性度が強いので注意が必要です。スポーツドリンクは糖分も含まれているので飲み過ぎには気を付けてください。

 

甘いものをたくさん食べているのに虫歯にならない人もいますが、生まれつきの歯質や唾液がアルカリ性だと虫歯になりにくいといえます。

 

赤ちゃんに物を食べさせる際には、糖分を含む食べカスが口の中に残らないようにチェックしてあげてください。

 

 

赤ちゃんでも虫歯になる子がいるので正しい歯磨きで予防していきましょう


歯に詰まりやすいスナック菓子

歯に詰まりやすいポテトチップスやクッキーなど

 

歯の隙間に詰まりやすいポテトチップスやクッキー、ウエハースなどの歯ごたえのあるお菓子も虫歯になりやすいので注意が必要です。

 

同じサクサク系でもクラッカーは口の中に残りにくいので比較的虫歯になりにくいお菓子といわれています。

 

ビスケットやかりんとうは危険度が高く、コーンフレークやシリアルは要注意といったレベルです。

 

歯に詰まりやすいスナック菓子は歯茎の隙間などにも残る事が意外とあります。

 

そしてそのまま気づかれずにプラークとなり歯石となっていくのです。

 

先ほど述べたように、食べかすはミュータンス菌の餌になり、ネバネバを発生させるだけでなく、ガスも発生させるので口臭の原因になります。

 

歯並びの悪い部分は歯ブラシが届きにくいのできれいにブラッシングするのが難しい場所です。

 

虫歯菌が根に入り込むと神経が死んでしまい、根のところに膿がたまってガスを発生させ続けることになり、口臭がひどくなっていきます。

 

酸は歯の成分であるカルシウムやリンを溶かしますが、このスピードは歯質や口腔状態によって個人差があります。

 

虫歯になりやすいかどうかは体質や環境に大きく影響されることになります。

 

赤ちゃんが離乳食から通常食になった時期に食べさせるお菓子も同様に残りカスに気を付けましょう。

 

 

スナック菓子の食べカスは虫歯の温床となるので注意してください


酸性の高い飲み物

酸性の高いジュースや酒などの飲み物

 

甘いものをずっと食べていると虫歯になりやすくなりますが、甘いものを食べる時間や回数が多いほうが虫歯になりやすくなります。

 

虫歯になりやすい飲み物は炭酸飲料、清涼飲料、果汁飲料、乳酸飲料、発酵乳飲料、乳飲料の順です。

 

清涼飲料水には歯のエナメル質を溶かす成分が含まれており、乳飲料には糖質が多いのが特徴です。

 

食事中に炭酸飲料やジュースを飲むのは避け、牛乳や水、お茶がおすすめです。

 

ワインやお酢、ビールなども酸性度が高いので歯を弱くします。

 

エナメル質を溶かす飲み物はPHが5.5以下のもので、梅酒、レモンジュースやトマトジュース、オレンジジュースなども含まれます。

 

脱水予防のためのスポーツドリンクや栄養ドリンクも酸性度が高いので注意が必要です。

 

100パーセント野菜や果汁であっても果糖、ブドウ糖が含まれていますので同じです。

 

 

酸性の飲み物は歯を溶かすので要注意です



TOPへ戻る