赤ちゃんも歯磨きで虫歯を予防しましょう

赤ちゃんの虫歯を歯磨きで予防

 

赤ちゃんも歯磨きが大人と同じように欠かせません。

 

赤ちゃんの歯が生え始める生後半年以降、この時期から虫歯になってしまう子がいます

 

乳歯が生えてきた時点では赤ちゃんは虫歯になる菌は持っていないのです。

 

では何で赤ちゃんでも虫歯になってしまうのか?と疑問が沸いてくる事でしょう。

 

そこで当サイトでは赤ちゃんが何故虫歯になってしまうのか?そして虫歯にならないための歯磨き方法をご紹介していきます。

 

大切な我が子の歯を守って健康に過ごせるようにしていきましょう。

 

 

赤ちゃんでも虫歯になる子がいるので正しい歯磨きで予防していきましょう


 

虫歯が認められる状態はどの程度?

虫歯が認められる状態はどのような感じなの?

 

虫歯と言えば何となくイメージが出来ますが、正確に歯の状態がどうなってから認められるかを正しく知っておいてください。

 

虫歯は歯の表面のエナメル質に住みついている細菌(ミュースタンス菌)が酸を作り出し、その酸によって歯が溶かされた状態を言います。

 

穴があいて黒ずんだものと思いがちですが、初期段階では白濁していて、穴やくぼみはありません。状態に応じて次の5つの段階に分類されます。

  • COは、ごく初期の状態で、歯の表面のカルシウムが溶け出し、白濁していますが、穴は空いていません。この段階では治療せず様子見することもあります。
  • C1はエナメル質がわずかに溶け、黒っぽくなった状態です。あまり痛みはありません。
  • C2は象牙質まで進行した状態です。甘いもの、冷たいものを食べると沁みたり痛みを感じたりします。
  • C3は歯髄まで達した状態で、強く痛むようになります。
  • C4は歯冠部が溶けて歯根しか残らない状態です。歯髄から顎の骨まで広がって炎症を起こすこともあります。歯髄も死んだ状態のため、痛みは感じません。

 

虫歯はC0の段階から認められます。

 

小学生の頃に歯の検診を受けた際、医師が口の中を見ながらC1とかC2とか言っていたのを覚えていますか?

 

あれは全て歯の状態を記録するために言っていたのです。Cの数字が大きいほど虫歯の進行状況は酷くなっています

 

特にC2の状態になると冷たい物を食べた時や、熱い物を飲んだ時に歯にしみて軽い痛みを感じ始めます。

 

C1は比較的軽い初期症状なので、早めの対策を行えば進行を食い止めて完治させる事ができます。

 

赤ちゃんでも歯が生えてきた時点で虫歯菌が住みつける状態になっているので、日ごろの歯磨きで予防しなければなりません。

 

 

虫歯は出来るだけC0の段階で早期発見に努めてください


虫歯は大人や子供に関係なく出来る

虫歯は大人でも子供でもなってしまいます。

 

虫歯は、大人でも子供でもできます。成長時期に関係なく虫歯菌が存在すれば虫歯になるのです。

 

そして一度できてしまうと治療しても再発や他の歯に転移してしまうため、できるだけ虫歯にならないように気をつける必要があります。

 

赤ちゃんの歯は、親がしっかりケアして守ってあげましょう。そして子供の虫歯は親の責任なのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯の原因菌は存在しません。ですが虫歯菌は外から入ってきます。

 

虫歯菌を保持している身近な人から移ってしまうのです。虫歯は感染によって起こされる症状なのです。

 

例えば、同じコップやお箸を使ったり、ちゅっとキスしたりすることで感染は起こります。

 

まずは周囲の大人が予防意識を持ち、感染させないように気をつけることが大切です。

 

歯は虫歯菌の酸によって溶かされますが、初期の段階では再石灰化することで自然に治ることがあります。

 

おやつを食べさせ続けるのは良くありません。それは口の中に食べかすなどが常駐して虫歯菌の繁殖に適した状態になってしまうからです。

 

また、ずっと食べ物を口にしていると、溶け始めた歯が再生するための再石灰化ができずに虫歯が広がって行きます。

 

おやつの時間はしっかり決めて、食後は必ず歯磨きをして予防に努めてください。

 

 

赤ちゃんでも大人でも虫歯菌がいると虫歯になってしまいます


虫歯の見分け方

虫歯の見分け方を知っておきましょう

 

赤ちゃんの歯を磨いているときに黒い点を見つけて、虫歯ができたのではないか?と心配になることがあります。

 

しかし黒い点だけでは着色汚れの可能性もあるため、断定はできません。

 

それでは、虫歯かどうかはどうやって見分ければいいでしょうか?

 

まず、乳歯が虫歯になった場合は、濁った白っぽい斑点ができます。

 

少しわかりにくいですが、歯が白濁している場合、初期段階の虫歯の可能性があります。

 

乳歯の虫歯の進行は早いため、要注意です。

 

また、甘いもの、冷たいものが沁みるというときは、虫歯の可能性は高くなります。

 

黒っぽい点は、穴が開いていない場合は着色汚れかもしれません。

 

しかし素人が見分けるのは難しいため、歯科医に相談した方がいいでしょう。

 

赤ちゃんや子供の歯でよく虫歯ができるのは、奥歯の溝や歯間、上の前歯、歯茎のすぐ下などです。

 

仕上げ磨きの際は、汚れが残っていないか、白い斑点や黒ずみなどはないか、磨くと痛がらないかなどを、よく確認しましょう。

 

また小児歯科で定期的に検査を受けるようにしてください。

 

 

虫歯は歯の表面の色を観察してみてください


虫歯菌の感染経路について

虫歯菌の感染経路は何がある?

 

虫歯菌は産まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。

 

また、口の中で自然発生する類の物でもなく、人間は本来生まれつき持っている菌ではないのです。

 

ですが虫歯になってしまうと言う事は必ず虫歯菌が口の中に存在するようになる原因があるはず。

 

そこで虫歯菌が赤ちゃんの口の中にどうやって来るのか?を解説いたします。

 

 

虫歯菌が赤ちゃんの口にやってくる原因は必ずありますよ


虫歯菌は唾液を通じで感染する

虫歯菌は唾液をに潜んで感染していきます

 

虫歯菌は虫歯の元になる病原菌で、代表的なものでミュータンス菌などがあります。

 

虫歯は感染症でもあり多因子性疾患で、一般的には子どもの病気として認知されています。

 

子どもから大人になる過程で菌も成熟しますので、青年期までには慢性的に虫歯が進行します。

 

基本的には口腔内環境が整っていれば新生虫歯を患うことは稀であると言われています。

 

ミュータンス菌などの感染経路は空気中でもなく、遺伝でもなく、唾液です。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯菌が存在しないことが分かっています。

 

そこで何らかの形で赤ちゃんへ周りの人の唾液が付着し、ミュータンス菌などの虫歯菌に感染してしまうという経路が考えられます。

 

食べ物が歯の間などにくっついて残ったものは歯垢(プラーク)と呼ばれ、虫歯菌はそれをエサにして歯の表面に存在し続けます。

 

ここでどんどん生産された酸は、歯の無機成分であるカルシウム・リンなどを溶かし、さらにはエナメル質・象牙質なども破壊していき、最後には歯根まで到達し歯を破壊してしまいます。

 

このようなバイオフィルム感染症の原因を作る虫歯菌は唾液を通じて簡単に他人へとうつってしまいます。

 

大人になってからでは歯が成熟しているため、あらたな虫歯リスクは少ないです。

 

親が感染の原因になっている事実

親が赤ちゃんの虫歯の原因となっている事が多いです

 

上記で述べた唾液を通じて虫歯菌が感染するという事ですが、赤ちゃんに一番近い存在で虫歯菌を移しやすいのは親自身なのです。

 

赤ちゃんの口腔内に虫歯菌が入り定着する時期は、乳歯の萌出期だと言われています。

 

最初の乳歯が生えてくる時期はその子によって大きく差がありますが、おおよそ生後19〜31ヶ月の間です。

 

この期間は母乳から得ていた免疫効果が切れて、自分の体内で自ら免疫機能を安定させていく時期でもあります。

 

そんな不安定な時期は離乳食の期間でもあり、のちに大人の食事から分けるようになってくると注意しなければなりません。

 

父親や母親が口をつけたスプーンなどでそのまま子どもの口へご飯を運ぶといった行為により、そこに混じった大人の唾液を通じて子どもへミュータンス菌が感染すると考えられています。

 

母子間でのミュータンス菌の型が一致することが大変多い事実は、感染経路のほとんどが母親の唾液からだということをあらわしています。

 

口腔内にミュータンス菌が多い場合には、子どもへの感染率が高くなることも分かっています。

 

また、祖父母に預ける機会が多い環境下では、そちらからもうつる可能性も高いと言えます。

 

ミュータンス菌がお世話をする大人の唾液を通じて、子どもの口腔内にひとたび侵入すると、虫歯になりやすい体質になります。

 

食事の際には大人側が十分注意を払うことが大切です。

 

動物に顔を舐められて感染する

動物が虫歯菌の感染源になっていた

 

ミュータンス菌は動物の唾液からの感染も0ではありません。

 

自宅で飼っているペットの犬が虫歯を患っている場合、赤ちゃんの顔を舐める事で虫歯菌が感染してしまいます。

 

動物の中でも人間の比較的近くに存在する犬には、服従の意味を持って挨拶代わりに人間の口を舐めるという、親愛の情をあらわす習慣があります。

 

実は、犬の虫歯は稀だと言われています。犬の口腔内はアルカリ性にだいぶ傾いていて、歯を侵食しようとする酸は中和されてしまうのです。

 

歯の表面のエナメル質が溶け出す条件はpH5.5以下とされていますが、人間の口腔内pHは6.8の中性で、犬の口腔内pHは8.2のアルカリ性となっていることが分かっています。

 

そのため、食べ物を食べると人間と同じように歯垢は付きますが、アルカリ性の環境下では細菌の石灰化が促進されるので歯石ができやすくなります。

 

これは歯周病になりやすいということですので、犬に顔を舐められてミュータンス菌に感染する可能性は低いとしても0ではありません。

 

何も動物から感染するのは犬だけではありません。虫歯菌はどの動物の口の中にでも住む事が出来るのです。

 

虫歯菌が生息する歯のエナメル質があれば、動物を問わずに存在するということです。

 

さらに歯槽膿漏の原因となる歯周病をうつされてしまう可能性はとても高いということになります。

 

人間のためだけではなく、基本的には犬の健康を守るためにも、最近では犬の歯磨きが推奨されています。

 

お互いのためにも、日常的な飛びつき癖や、口を舐められるなどの行動は避けるようにしましょう。

 

赤ちゃんの歯磨き方法

赤ちゃんの歯磨きはコツが必要です

 

赤ちゃんの虫歯予防のために欠かせないのは歯磨きです。しかし大人のやっている方法とはやり方が違います。

 

まだ歯が生え始めた状態であり、さらには小さな口なのです。赤ちゃんに適した方法でやらねばなりません。

 

そこで赤ちゃんの歯磨きの方法をご紹介いたしますのでご参考ください。

ガーゼ磨きで歯を痛めず出来る

ガーゼ磨きなら歯を痛めずに行えます

 

生まれたばかりの時には歯がまったく生えていない赤ちゃんも、生後6ヶ月から8ヶ月頃になると乳歯が生え始めます。

 

そうなると、大切な歯が虫歯にならないためにも歯磨きを開始していきましょう。

 

たとえ1本2本の頃でも虫歯にはなりますし、乳歯が虫歯になったら将来的には永久歯にだって影響を及ぼすことも。

 

とはいえ、まだ小さな赤ちゃんの柔らかな歯は傷つきやすいので、歯ブラシで磨くよりもガーゼ磨きがおすすめです。

 

ガーゼを濡らして歯の表と裏を優しく拭いてやるのです。ミルクかす・離乳食の残りなどをぬぐってやりましょう。

 

唾液で自浄することもできているのでそれだけでも十分です。

 

動きが活発になってきた赤ちゃんですから、やりにくい場合には寝ているときにしてやりましょう。

 

とはいえ、お口に触られること・お口に物を入れられることに慣れさせる、歯磨きの練習としての目的もあります。

 

スキンシップを取りながら起きている時間にも磨いてやる方が良いでしょう。

 

 

ガーゼ磨きでスキンシップを取ながらやってみてくださいね


赤ちゃんが好む体勢で歯磨きを行う

赤ちゃんが好む体勢で自然に歯を磨く

 

1歳に近づくころにはガーゼ磨きから赤ちゃん用の歯ブラシを使って慣れさせていきましょう。

 

自分で歯磨きの練習をさせつつも、最後は親が仕上げ磨きをして磨き残しが無いようにしていきます。

 

歯磨きの仕上げ磨きといえば、母親の膝の上に仰向けにごろん。これがよく見る光景ですがこの体制がやりやすいのです。

 

これは動物だと弱いお腹を見せた服従のポーズだったりもするのですが、赤ちゃんですとかわいらしい物です。

 

しかし、赤ちゃんにとっては不安の大きな体勢かもしれません。嫌がって体をバタバタさせて泣きだす事もあります。

 

それなら無理にこの体勢を取らせる必要がないのです。赤ちゃんが受け入れる姿勢で行ってあげるのが良いでしょう。

 

たとえば授乳のときのような体勢でやったり、立ったまま・座ったままなど本人が好む体勢で行うようにしてください。

 

最初は前の歯から生えてきて奥歯が出てくるのはかなり後のこと。ある程度いろんな体勢でも十分磨くことはできるはずです。

 

次第に大きくなっていくにつれて仰向けが決して危険ではないこと、歯磨きをする意味について理解してくればおとなしく磨かせてくれるようになるはずです。

 

あせることはありません。今はまだ細かく汚れを落とすというよりも磨くという行為に慣れさせるための段階です。

 

ママと赤ちゃんのふれあいの時間と思って、楽しく歯磨きするようにしましょう。

 

 

最初は赤ちゃんが楽な姿勢で歯磨きに慣れさせていきましょう


歯磨きを嫌がったときの対処法

赤ちゃんが歯磨きを嫌がった時の対策

 

歯磨きを嫌がるのであればちょっと間を空けてみましょう。その期間は眠っている間にやるのです。

 

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる原因を探ることも必要です。体勢に不安を感じるのであれば他の体勢を取りましょう。

 

痛がるのならもっとやさしくそっと撫でてやってください。

 

きれいに磨こうと思いすぎるあまり、長くやりすぎていませんか。赤ちゃんの集中が続くのはまだほんの短時間。

 

丁寧に赤ちゃんの歯を磨くのは寝ている間でいいのです。

 

起きている間は歯磨き慣れさせるための練習時間と考えて、一瞬だけにし、そのかわりその一瞬ちょっとでも口を開けていられたら、ガーゼでなでることができたらたくさん褒めてあげましょう。

 

「よくできたね」や「かしこいね」といった言葉で褒めてあげてください。こういった言葉が赤ちゃんを積極的にしてくれます。

 

そうすることで歯磨きをするとママが喜んでくれる、褒められるので自分も気持ちがいいという体験に変わるのです。

 

そのうち、成長する中で歯を磨くこと自体の爽快感や磨かずにいたら虫歯になる怖さを知ってくるはずです。

 

 

歯磨きを嫌がらない環境や、褒めながら行うのを為試してみてください


赤ちゃんの1日の歯磨き回数

赤ちゃんの歯磨きは1日何回やればいい?

 

おっぱいやミルクを飲んだり、離乳食を食べたり、赤ちゃんの食事時間はまだ朝昼晩の3回とは限りません。

 

人によっては1日5回から6回くらいは磨いてやる方もいるようですが、絶対にやっておくべきタイミングは寝る前です。

 

寝ている時間は長いので、その分歯に汚れが溜まっていると虫歯菌が増殖しやすい環境となってしまうのです。

 

また授乳後や離乳食の後に磨くのは大人と同じです。

 

食事を取ったら、それによって付いてしまった食べ物カスを取り除いてやるのが歯磨きの役割であるということが少しずつ理解できるでしょう。

 

できれば就寝前にも磨いてやり、寝ている間に虫歯菌が繁殖するのを防いでやりましょう。

 

とはいえ、とにかく嫌がるのを5回も6回もするのではなく、まずは1日1回から慣らしていけばよいでしょう。

 

上下の歯が生え揃ったら、いよいよ本格的なお口のケアが必要となってきます。

 

それぞれの月齢に合わせた歯ブラシを用意してやり、磨いてやるようにしましょう。

 

歯磨きは健康においしくご飯を食べるためにずっと大切な習慣です。

 

自分で磨けるようになるまでは、親がしっかり管理してやってください。

 

 

赤ちゃんの歯磨き回数は1日1回で、寝る前から始めてみましょう


赤ちゃんの虫歯予防が出来る歯磨き粉はこれ

赤ちゃんの虫歯予防効果のある歯磨き粉は?

 

赤ちゃんの歯磨きを行う時に歯磨き粉を使わない方もいます。

 

ですが、もし虫歯菌が既に赤ちゃんの口の中にいた場合、早めに対策を行う必要があります。

 

乳歯の時期に虫歯になってしまうと、成長してからも虫歯が増えてしまうので健康にも影響してしまいます。

 

そんな赤ちゃんの虫歯予防のために様々な歯磨き粉がありますが、一番オススメするのがウィステリア製薬の「ブリアン」です。

 

では何故ブリアンをおススメするのか?について解説しますのでご参考ください。

 

 

赤ちゃんの虫歯予防の歯磨き粉はブリアンが一番適しています


善玉菌が虫歯菌を防ぐ

ブリアンに含まれる善玉菌が虫歯菌を防ぐ

 

歯磨きが苦手な子供のために開発された歯磨き粉のブリアンには、「BLIS M18」という善玉菌が配合されています。

 

これはニュージーランドで虫歯になりにくい子供たちを研究した結果発見された虫歯菌を減らす成分のことです。

 

赤ちゃんは虫歯菌を持っていませんが、虫歯菌を持つ大人と同じスプーンでごはんを食べたりすることでうつってしまいます。

 

一度虫歯菌が口に入ると歯磨きをしていても虫歯になるリスクは高くなりますが、ブリアンを使うことで虫歯菌を減らし虫歯を予防する効果が期待出来るのです。

 

また「BLIS M18」は、虫歯菌の餌となって増殖の原因になる歯垢を取り除く働きもあります。

 

歯磨きだけでは取り除くのが難しい歯と歯の間や奥歯、歯と歯茎の隙間にも、500nm以下の非常に細かな粒子が入り込み歯垢を取り除いてくれます。

 

そのため小さな子供でも虫歯予防が手軽になるのです。

 

フッ素を使っていないから安心

ブリアンはフッ素を使っていないから安心できます

 

虫歯予防をする上で必要とされているのがフッ素ですが、最近はどの歯磨き粉にも配合されておりそれは子供用も例外ではありません。

 

歯科検診ではフッ素を塗布したり、市販のものでも仕上げに塗って口をすすぐ必要がないという商品も販売されています。

 

確かにフッ素には虫歯を予防する効果がありますが、フッ素を摂取し続けると副作用をもたらす危険性があるのです。

 

普段の歯磨きで多量に取り込む危険はないとは思いますが、急性中毒になるような成分であることも知っておかなければなりません。

 

ブリアンにはフッ素が使われておらず、もしブリアンで歯磨きした後にフッ素を塗布すると「BLIS M18」が死滅してしまいせっかくの虫歯予防効果がなくなってしまうので注意が必要です。

 

身体の小さな赤ちゃんの場合、定期的に体内に取り込むのはお勧めできません。

 

そのため安心で安全な成分のみを配合したブリアンで歯磨きすることが歯のためにも身体のためにも良いということです。

 

口内が泡だらけにならない

ブリアンは口内が泡だらけにならずにきちんと磨ける

 

一般的な歯磨き粉には発泡剤が含まれており、磨き始めるとすぐに泡立ちます。

 

これはしっかり磨けているような感覚になりスッキリ感を味わえるためつい泡立ちも重視してしまいますが、実はあまり良いことではありません。

 

口の中が泡でいっぱいになってしまうと長い時間歯を磨くことが困難になり、歯の奥や隙間などまで行き渡る前に終わらせてしまうことが多いのです。

 

これが子供になると口が小さく大人よりもすぐに泡だらけになってしまい口から溢れ、ほんの数十秒磨いただけで終わらせてしまうことになります。

 

ブリアンは発泡剤が含まれていないので長い時間しっかりと磨くことができる上、唾液を吐き出すだけでも大丈夫なので赤ちゃんでも使いやすく磨き残しの心配が少ないということです。

 

味も美味しく泡もないブリアンは、歯磨きを嫌がることが多い子供には最適な歯磨き粉と言えるでしょう。

 

使い切りの個包装で粉状なのもおすすめポイントです。

 

イチゴ味なので子供が喜ぶ

ブリアンはイチゴ味なので子供が歯磨きを喜びます

 

ブリアンに配合されている「BLIS M18」という善玉菌によって高い虫歯予防効果が期待できます。

 

しかし歯を磨くことを嫌がる子供が多いためいくら虫歯予防に良くても使えなければ意味がありません。

 

そこでブリアンは子供が好きなイチゴ味にすることで、歯磨きを嫌なものと認識しないような工夫をしてあります。

 

ほんのりと甘いイチゴ味を口に含ませてあげれば、赤ちゃんから歯磨き嫌いの子供もきっと喜んでくれるはずです。

 

実際に子供が歯を磨くことを嫌がり困っていた人が、ブリアンにしてから子供が自ら進んで歯を磨くようになったと喜んでいる口コミも多数みられます。

 

虫歯予防効果はブラッシングによるものも重要なので、歯磨きが好きになるということはとても大切なことです。

 

もちろん子供だけでなく大人が使ってもいいので、親子で楽しく美味しく歯磨きするというのもいいかもしれません。

 


TOPへ戻る